インプラント

インプラントを成功させるためには?

私は大学病院で歯科医として10年間勤務しておりました。

病院にはおよそ30名の歯科医師と25台の診療台があります。
スタッフ、設備ともに充実し、遠方からインプラント治療に来る患者さまもいるほどです。院内のあちこちでは、毎日のようにインプラント治療を行っている先生がいました。

大学病院では一人の患者さまを治療するとき、先生方の間で"カンファレンス"を行います。これは症状や治療方法などを検討し、今後の治療方針を決定するものです。
わたしも多くの"カンファレンス"に参加し、たくさんの症例を診てきました。

多くの成功例を診てきた一方で、いくつかの失敗例にも立ち会ってきました。
わたし自身、治療した患者さまのインプラントが1本抜けてしまった失敗経験があります。

この経験を通じ、『歯を失った原因を探ることが何よりも重要』ということを学びました。
歯が抜けたところにインプラントを入れるだけでしたら、何かの拍子に抜けてしまうことがあります。それを防ぐためには原因究明が必要なのです。

歯が抜けたのは歯周病なのか、虫歯なのか。あるいは事故に遭ったためなのか。
原因を突き止めその原因を明らかにし、再発が起きないように対処します。

また当然の事ながら、歯が抜けたところだけではなく、口の中全体を診てどのような咬み合わせにしたら長くもつのかなどを検討し、個々の患者さまに合った治療計画を立てます。
わたしは、インプラントを入れることが目標ではなく、インプラントを入れた後、いかに快適に長く食事ができるかが大切だと考えています。
そのため、ゆっくり時間をかけ、顎の骨の動きや噛み合わせを確認しながら治療を進めているのです。

わたしが行うインプラント治療は、ほかの先生方にくらべると、決して短いとは言えません。症例によっても異なりますが、治療が終わるまでに2年以上かかることもあります。

大学病院時代、患者さまから「毛内先生の治療は長いけれど、長い間もちますね」と言われたこともあります。
わたしは、治療に満足してくださった患者さまの感謝の気持ちと受け止め、今後の励みとなっていきました。

わたしは、歯を失ったすべての患者さまにインプラントを入れていただきたいと願っています。
しかしながら、そのような患者さまであっても、診断した結果、ほかの治療法がベストな場合もあります。そのようなときは、患者さまとよく話し合い、もっとも患者さまに適した治療法を提示していきます。

あいり歯科クリニックでは、総合的に判断し、できるだけ患者さまのご要望にあった提案をいたしますので、まずは、お気軽にご相談下さい。

あいり歯科クリニックのインプラントコンセプト

インプラント003あいり歯科クリニックでは、5つのインプラントコンセプトをもとに、診療を行っています。

1.インフォームドコンセント-患者さま中心の医療
主役はあくまでも患者さまご本人です。症状や治療方針、それに伴うリスクを正しくお伝えし、患者さまの意思を最優先した治療を行います。

2.より美しく、より機能的に
インプラントの治療には、物が噛める"機能面"と整った歯の"美しさ"が求められています。患者さまにとってより快適で美しい治療を行います。

3.患者さまとのコミュニケーションをしっかりとるよう心がけています
インプラント手術と聞いただけで緊張し、不安を感じる方もいらっしゃいます。
あいり歯科クリニックでは、患者さまの不安を取り除くために、患者さまとのコミュニケーションを心がけ、納得するまでご説明いたします。

4.ゴールを確認する
患者さまに満足していただける治療を行うには、患者さまと歯科医師との意思疎通が重要です。双方の間で最終的な治療方針をきちんと確認した上で治療を進めることが、ゴールへの近道だと考えています。

5.治療計画の見直し
患者さまによっては、手術をしたときに初めてインプラントが適応できるかどうか分かる場合があります。
そのようなときは、すぐに治療計画を見直し、患者さまに現状と今後の治療方針などを説明していきます。

トラブルが起こったとき、一番困るのは患者さまです。気になる点は、どのようなことでも院長もしくはスタッフまで気兼ねなくおたずね下さい。

長年機能しているインプラント、当院では98%以上

インプラント002インプラントの最大の目的は、健康な歯を手に入れ、自分の歯で食べ物をしっかり噛めるようになることです。どれだけ長い間、インプラントを使い続けられるかが重要になってきます。

あいり歯科クリニックのインプラント手術は、成功率98%。極めて高い技術力を誇っています。また、装着後の寿命も長く、定期的なケアを行うことで、機能している患者さまが多くいらっしゃいます。

インプラント治療には高い技術力が要求されます。
装着後は、物を噛む力加減が難しくなるため、人工歯根の本数や噛み合わせなどを考慮し、総合的な治療計画が必要となってきます。

ごくまれに、インプラントが破損することがありますが、これは噛み合わせなどを考慮せずに治療計画を立てたことが原因です。

あいり歯科クリニックでは、噛み合わせにも配慮した治療を行っておりますので、力のコントロールでインプラントを破損させることはございません。ご安心ください。

インプラント治療で最も大切なのは、治療終了後のメンテナンスです。

定期検診※とご自宅での歯磨きなどのセルフケアは欠かせません。メンテナンスを行うことで、インプラントや周りの歯も、いつまでも健康でいられるのです。

また、歯周病になると進行が早く、放っておくと骨が溶け出し、全体の歯にダメージを与えていきます。歯周病予防のためにも定期的なクリーニングをおすすめします。

※定期検診には保険が適用されます。

信頼できるインプラントを使用

インプラント001あいり歯科クリニックでは、世界的に多くの歯科医が使用している『3iインプラント』を使用しています。

現在使用しているインプラントでも、メーカーによっては何年か後に製造中止になることがあります。そうなったとき、同じ部品を手に入れることは困難です。
万一、施術したインプラントが破損した場合、交換部品がないため新たに違うメーカーのインプラントを入れなければなりません。

このようなことを防ぐために、あいり歯科クリニックでは、アメリカでシェアーNO.1の『3iインプラント』を主に用いています。

これは、ラザーラ博士が開発したもので骨との相性がよく、従来のものに比べより精密で機能的なインプラントです。

1999年、米国FDA(アメリカ食品医薬品局※)から『骨が不良な部位における治療実績を改善した唯一のインプラント』として認められています。

品質および技術力ともに優れたインプラントですので、ご安心ください。


※FDA(アメリカ食品医薬品局)
アメリカ政府機関で日本の厚生労働省と同じ役割がある。食品や化粧品、医薬品などの認可や安全性などの取り締まりを行っている。

インプラントの保証制度

あいり歯科クリニックでは、インプラントの保証制度を設けております。万一、装着後に作り直しが生じた際は、費用の一部、あるいは全額を当院が負担いたします。
・8年以内の作り直し → 患者様のご負担は1割
・3年以内の作り直し → 無償
ただし、6ヵ月に一度、定期検診を受診していただくことが条件となります。

患者様のご負担となる場合
・患者様の重大な不注意や外傷など、明らかに当院の責任ではない場合
・無理な使用や当院の指示に従って頂けなかった状態での使用
・リコール(定期検診)に応じてくださらない場合
・診療時に予測できなかった口腔状態の変化があった場合

下にインプラントを5本入れた症例

治療前:58歳 男性。
症例紹介
下の奥歯がなくて咬めないのでインプラントをいれてほしいということで来院されました。奥歯が数本ありますが、虫歯と歯周病が進行しているのでやむを得ず抜歯しました。
次へ
治療後
症例紹介
(1)の写真は、インプラント(矢印→)を5本入れ治療が終わったときの写真です。患者さんにはしっかり咬めるようになったと大変満足して頂きました

(2)の写真は、治療終了時のレントゲンです。写真を見て左側の奥から3本と、右側の奥から2本がインプラントです。

犬歯にインプラントを入れた例

治療前:初診時:60歳 男性
症例紹介
インプラント患者様の紹介でインプラントを希望され来院されました。矢印の歯は乳歯(子供の歯)で、揺れ始めています。抜歯をしなくてはいけませんが、隣の歯を削りたくないとのことでインプラント治療を行うことにしました。
次へ
治療後

治療終了時です。(1)の矢印の歯がインプラントで症例紹介す。
また、患者さんの希望もありまん中の歯も治療を行いました。患者様には大変満足して頂きました。少し気になるところもありますが、治療期間6ヶ月でそれなりの結果が出せたのではと思っております。

(2)は横から見た写真です。審美的(見た目も美しい仕上がり)に治療を終えることができました。

PageTOP