入れ歯

食事がおいしく食べられるために

入れ歯(義歯)001あいり歯科クリニックでは、歯を失った方には可能な限りインプラントをお勧めしております。それは、見た目、噛み合わせ共に、インプラントが最も優れているからです。

しかし、患者様の中には、重度の歯周病や全身疾患がある方や、インプラントが怖くてできない方もいらっしゃいます。そのような方には入れ歯をお勧めしています。

総入れ歯には、保険診療でできるレジン床(樹脂系の素材を使用)と、自費診療となる金属床があります。
装着したときの快適さや、入れ歯の強度を重視される患者様には、金属床をお勧めしております。

総入れ歯、部分入れ歯の種類

薄く丈夫で快適な総入れ歯(自費診療)
金属床は土台となる部分に金属を使い、薄くて熱の伝導性に優れた総入れ歯です。物を食べたときの熱さや冷たさが感じられ、違和感なく快適に装着できます。

レジン床の総入れ歯(保険診療)
レジン床は土台となる床に樹脂系の素材を使っています。強度を高めるために、床を厚くします。また、大きめに作るため、安定性にやや欠けるといえます。
熱の伝わり方が悪いため、食べ物の熱さや冷たさが感じにくいという欠点があります。

部分入れ歯(保険診療・自費診療)
失った歯の両脇の歯に金属の金具をはめ込み、装着します。
金具が見えるため、外見などを気にする方も多いようですが、そのような方には、磁性アタッチメントやインプラントをおすすめしています。

磁性アタッチメント:総入れ歯、部分入れ歯(自費診療)
磁石を利用して入れ歯を安定させる方法です。
削った歯に磁力がある金属を取りつけ、その上から磁石がついている入れ歯を装着します。外れにくく、外見的にも入れ歯を入れていることが分かりません。見た目を気にされる方には適しています。

土台となる素材は、保険が適用できるものから全額自己負担となるものまで、幅広くあります。患者様のご希望に応じることができますので、安心して相談してください。

PageTOP